[サービス介助士:サービスの現場で活躍する方に関心をもって頂きたい資格]

サービス介助士】〜サービスの現場で活躍する方々、サービスの現場をマネジメントする方々に是非、関心をもって頂きたい資格としてご紹介します〜

当資格は、公益財団法人日本ケアフィット共育機構様にて、学習および取得ができます。

「すべての人に対するおもてなしの心と介助技術」〜高齢の方・障がいをお持ちの方など関わらず、すべての人が、自由に街に出、地域活性の力となる、そんな「共生の時代」に向けて、必須の知識とスキル、そして何よりも「心のあり方」を学ぶことができます。

電鉄関連・物販・飲食・美容・ホテルなどさまざまな業界の企業様の方々が、心と知識とスキルを身につけ、活躍していらっしゃいます(現在、約12万人の方が取得)。

当社代表(川内)も、長年、サービスの現場と組織に関わりながら、当講座を受け、感動と共にショックを受けています(頭ではわかっているつもりのことが、それぞれの場面で、相手の方にとって最適なお手伝いを「心とスキルの両側面」でできるかどうかは別を実感〜心はあっても、その瞬間における判断力とスキルが伴わないジレンマ〜)。

例えば・・・
ホテルのフロントで、聴覚に障がいをお持ちの方がいらっしゃった時、まったく慌てることなく平静に的確な応対ができるか・・

洋服を買いにいらした半身にまひをお持ちのお客さまが、試着をしたいとご希望なさった時、まったく慌てることなくお客さまのご要望にお応えすることができるか・・

洋服のコーディネートで迷っていらっしゃる視覚に障がいをお持ちのお客さまに、デザインやカラーをしっかりご紹介し、選んでいただけるか・・・

レストランに、視覚に障がいをお持ちの方が一人でいらっしゃった時、まったく慌てることなくお食事を楽しんで頂くことができるか・・

車いすを使用していらっしゃる方が、階段の前でこまっていらっしゃったら、どうするか・・

認知症を患っていらっしゃる高齢の方が、帰る家が分からなくなっていらっしゃったら、どうするか・・

あなたならどうしますか?

企業・組織として・・・
個人として・・・

さまざまなことを見つめ直す機会ともなります。

「Moments Of Truth(真実の瞬間)」も、ますます多様化しています。この多様化に応えることは、大いなるむずかしさが伴いますが、それができる時、相手にはもちろんのこと、自分自身にも大いなる幸せ(感動・自信・成長など)をもたらしてくれます。



<<前の記事 次の記事>>

コンサルティング、セミナー、ミステリー・ショッピング等、弊社サービスへのご質問・ご相談を受け付けております。メール、もしくはお電話でお問い合わせ下さい。

ミステリー・ショッピング 営業 セミナーのお問い合わせはこちら

弊社HPにお越し下さいました皆様へ?エムオーティクリエイションスタッフ一同より?

エムオーティクリエイション(MOT Creation)の「MOT」は、『Moments Of Truth(真実の瞬間)』に源を発します。企業には必ず顧客接点があり、その顧客接点で、日々多くの顧客が企業の従業員や商品や環境との接点を持っています。この接点は時間にするとほんの僅かなものですが、その一瞬の顧客の印象が、企業の業績や将来を左右します。顧客が企業と接する全ての瞬間を顧客にとって価値の高いものにするために、そして企業と企業・企業と個人(顧客・従業 員)・個人と個人が互いに尊重し合いながら共生することにより、私たち一人ひとりの人生が心豊かなものになることを願い活動しています。

Moments Of Truth(真実の瞬間)

この言葉は、1978年にリチャード・ノーマン氏が唱え、スカンジナビア航空の経営再建にあたったヤン・カールソン氏により有名になった言葉です。スカンジナビア航空の調査によると1986年に、1,000万人の旅客がそれぞれほぼ5人の自社の従業員に接し、その1回の接点の時間は平均15秒でした。このたっ た15秒で顧客が何を感じるかで会社全体の印象や将来が全て決まってしまう。この15秒を『Moments Of Truth(真実の瞬間)』と呼んでいます。

このページのトップへ